2019年2月 トレッキング教室(20190215, 二ツ小屋トンネルスノーシュー)

2019年2月 トレッキング教室(20190215, 二ツ小屋トンネルスノーシュー)

2月のトレッキング教室は、

福島/山形県境にある二ツ小屋トンネルの氷柱を巡るスノーシュートレッキングへ出かけました!

 

2月中旬だというのに大笹生周辺には雪の気配が無く、

スノーシューをしに行くにはちょっぴり心配なコンディション。

でもそこは流石の栗子峠、県境地区まで標高を上げるとたっぷりの雪が待っていてくれました!

旧飯坂スキー場跡からスノーシューを装備して歩き始めます。

初めてのスノーシュー歩きも、しばらくすると慣れてきて余裕の笑顔♩

1時間ほどで二ツ小屋トンネルに到着しました。

トンネルの中には今回のお目当ての氷柱がズラリ!

既視感のない不思議な光景ですね〜

明治から昭和にかけて改修を繰り返しながら使われていた二ツ小屋トンネルは、

国道13号「万世大路」の完成とともにお役御免。

ひっそりと老朽化したコンクリートからの浸み出しが作る奇怪遺産となって再び脚光を浴びています。

 

トンネルを抜けて山形側で記念撮影を📷

集合写真1集合写真2

 

再び福島側に戻ってランチタイム。

この時期は暖かいスープなどを準備してくると最高ですね〜

下りは滑り台をしたりダウンヒルで駆け下ったり♪

氷柱と穏やかな雪山をのんびり楽しんだ1日でした。

 

 

 

 

 

2018年2月Sコース(20180224, 雄国沼スノーシュー)

2018年2月Sコース(20180224, 雄国沼スノーシュー)

FTV登山教室、2018年2月のSコースは裏磐梯の雄国沼スノーシューに出かけました。

今回は猫魔スキー場のリフト利用で簡単アクセス!

猫魔ヶ岳に続く快適な尾根は、スノーシュー初体験の方でも楽しめますね🎵

 

天気予報よりも数時間早くお天気は下り坂。

しかし、今回のテーマは「読図のスキルアップ」ですので、

視界が悪いくらいがちょうど良い?!

 

あらかじめ設定されたポイントでのベアリングで進行方向を決定して、

Let’s Go!!

今回のルートには、あえて1/25,000 地形図に表現されない地形を盛り込んでますので、、、

要所要所でこまめに現在位置確認とベアリングをしっかりと。

読図してはGO、読図してはGO、の繰り返し繰り返し。

読図は繰り返すことによって、確実にスキルアップできますよ!

 

お勉強ばかりでもアレあので、、、

遊び要素もちょこちょこと。

みなさん、山で楽しむことが得意な方ばかりですね〜

 

ブナ林を抜けると雪が強くなって来ました〜☃️

いよいよ読図の最大の楽しみが来るか!?

来ました!!ホワイトアウト!!!

雄国沼の上は強風雪で視界が10 m程しかありませんw

 

コンパスと睨めっこしながら、風に流されないように休憩舎を目指しました。

八甲田の雪の行軍を思い出す絵面ですねw

 

※もちろんみなさん無事に下山完了しましたのでご安心くださいませ笑

 

登山ガイド 五十嵐 潤

 

(追伸)晴れたの雄国沼はこんな感じですよ〜

次回は是非このお天気に恵まれますように🌞

 

2017年12月Tコース(20171219, 鎌倉岳)

2017年12月Tコース(20171219, 鎌倉岳)

2017年の最後の登山教室は、常葉町の鎌倉岳に登ってきました。

鎌倉岳は阿武隈高地の標高967 mの里山ですが、花崗岩からなる岩山でちょっとした岩の登山道を楽しめます。

神が宿る場所の意味で神坐(かみくら)と呼ばれていたのが鎌倉に変化したとも言われています。

今回は、萩平登山口から鰍登山口までの周回コースを歩きました。

今年は降雪が早く、浜通りに近い鎌倉岳でも森の中は薄っすらと積雪していました。

そんな時期になると楽しみなのが、、、

動物の足跡探しです。

登り始めから早速リスの足跡がたくさんありましたよ🎶

登り始めから続く杉林の急登を登りきると、

大きな石切場跡の広場に出ました。

ここから花崗岩を切り出していたのですね〜

 

ここから先は、岩がちの急登に変わりました。

登山道上のゴロゴロした大きな岩に積もった雪が凍っていて、

なかなかスリリングな道に仕上がってました💦

慎重に標高を上げていくと青空も広がってきて、

最後の凍った階段を登れば山頂はもうすぐそこ!

山頂からは360°の絶景が楽しめました〜✨

少し冷たい風が吹いてましたが、、、

山頂の岩陰でランチタイムを楽しめました。

みなさん温かいものを準備して来られていて流石ですね!

 

下山前に恒例の記念撮影を。

郡山方面を見下ろす角度でもう一枚!

なかなか良い写真が取れましたっ👍

 

下山は石切場までは往路下山、

滑りやすい雪岩ミックスで大変でしたが何とか怪我なく下りれましたね。

その先は緩やかな植林帯を「無事かえるくん」に見送られて、

鰍(かじか)登山口に下山完了。

近くのスカイパレスときわで入浴して温まりました♨️

 

午後になって雪も降ってきましたが、少しだけ鎌倉岳も顔を出してくれました!

 

今回が2017年最後の登山教室、今年も一年ありがとうございました!

来年もFTV登山教室をよろしくお願い致します。

それでは良いお年をっ〜🎍

 

登山ガイド 五十嵐 潤

 

 

 

2017年11月Sコース(20171125, 塩原富士山)

2017年11月Sコース(20171125, 塩原富士山)

FTV登山教室,、11月Sコースは那須塩原の富士山へ出かけました。

所謂、ご当地「富士山」は一説には全国に350座以上あるらしいですが、

那須塩原には富士山と須巻富士山の2座があります。

今回はその「富士山」へ。

山容は本家の富士山のような綺麗な成層火山型?

分類としては里山ですが、綺麗な山ですね。

 

登山に先駆けて、先ずは奥塩原の温泉神社へお参りに♪

いきなりの急な階段からスタートです💦

村上先生から温泉神社の歴史などのお話を♪

完全に落ちきったミズナラの落ち葉で登山道はフカフカ⭐️

 

登山道沿いのナツツバキは樹皮がゴッソリと剥がれていました。

塩原界隈はニホンジカの食害も多いみたいですね〜

 

この日は11月とは思えないくらい寒くて、、、

霜柱がバッチリ成長していました!

雪もちらついていましたしね〜

 

塩原富士山への最後の登りの登山道は、

苔むしたクロべやアスナロの急登!

ちょっと南アルプスのような雰囲気もありますね。

今回も全員で登頂できました🎶

山頂からの下りは岩がゴロゴロ〜

晩秋のこの時期は、落ち葉に隠れた浮石が悪さをするので要注意ですね。

 

富士山の急坂を下りきったところでちょっと早めのランチタイムを。

今回は立派な休憩舎にて♬

登山に慣れたみなさんはキチンと温かいものを準備していて流石でした!

 

後半戦は大沼の木道と、

緩やかな樹林帯をサクサク歩き、

鹿股川にかかる仙人岩橋を渡って、

予定よりも30分ほど早く無事に下山完了!!

 

今年は冬が早く訪れそうですが、

これから春のお花のシーズンまでは里山歩きが楽しい時期ですね!

 

登山ガイド 五十嵐 潤

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年11月トレッキング教室(20171116, 霊山)

2017年11月トレッキング教室(20171116,  霊山)

11月のトレッキング教室は、伊達・相馬市境の霊山へ出かけました。

 

会津平野部でも初雪になったこの日、

中通りから浜通りにかけては、、、

なんとか晴れました🌤

でも、12月並みの気温でとっても寒かったですね〜

体を温めるために、準備体操もカットして早速歩き始めました。

 

日枝神社に着く頃には、みなさん暖機完了!

霊山寺奥の院の千手観音様の、

仏のような(いや、仏ですね)お顔に癒されました。

 

広々とした霊山寺跡

 

黄金色のカラマツの葉っぱも、だいぶ落ちて来ましたね

これからは森が明るい季節です♬

 

さらに歩を進めて、

釣瓶落岩の上まで登ると、、、

いい眺めでした✨

西側の安達太良山や吾妻山はすっぽりと雪雲の中に。

明日晴れたら、真っ白に雪化粧した山が見れそうですね❄️

 

今回は霊山城跡でゆったりランチタイムを🍙

こんな寒い日は、暖かいスープが美味しいですよね〜

普通の魔法瓶でも もちろんOKですが、

サーモスの山専ボトルは保温力が抜群で これからの時期の登山にはオススメです👍

 

恒例の記念集合写真も霊山城跡でパシャリ📸

 

ランチタイムを終えて出発しようとしていると何やら白いものが降って来ました‼️

雪、、、でなくアラレでした〜

いずれにせよ、だいぶ冬が近づいて来ましたね☃️

 

アラレも降って来たので、下山はサクサクと🎶

霊山最高峰の東物見岩を登って、

甲岩にも登って絶景を見下ろして、

ナイスな写真も撮って、

ちょっと危ない遊びもして(笑)、下山完了!

下山口の紅彩館でお風呂に入って冷え切った体を温めました♨️

 

この週末はいよいよ中通りの平野部でも初雪になりそうですね。

体調に気をつけながら初冬の里山歩きを楽しみましょう🌟

 

<おまけ>

寒くても、まきばのジャージーのソフトクリームは美味しかったのでした❤️

ごちそうさまでした🎶

 

登山ガイド 五十嵐 潤

 

2017年10月登山教室講師会企画(20171028~29, 掃部ヶ岳&両神山)

2017年10月登山教室講師会企画(20171028~29, 掃部ヶ岳&両神山)

2017年10月の宿泊登山コースは「登山教室講師会」の企画として実施し、

掃部ヶ岳と秩父にある日本百名山「両神山」へ出かけました。

 

初日は台風22号の影響が出始める前に、

榛名山の最高峰「掃部ヶ岳(かもんがたけ)」へ。

榛名富士をよく望める、榛名「湖畔の宿」記念公園から登り始めました。

登り初めから、いきなりの急登‼️

登山道はクマザサが腰くらいの高さまで伸びていて、、、

いかにも出そうな雰囲気ですよね💧

ちょっとした岩場もあって、楽しいルートですね。

1時間半ほどで掃部ヶ岳山頂に到着〜♪

まさに雨が降りだすその瞬間に下山完了🌟

悪い天気予報だっただけに濡れずに済んだのはラッキーでしたね✨

 

2日目は両神山の白井差コースを歩きました。

 

織り込み済みで雨の中の登山になりましたが、

雨で落ちたモミジが登山道を彩ってくれていましたね🎶

雨の日の登山も悪くは無いものですね〜

東北の山にあるような立派なブナの木もたくさんありました。

ブナも雨や霧がよく似合いますね🌟

 

終日、強い雨が降ったり止んだりでしたが、

運良く両神山の山頂が見えてきました!

山頂直下は岩場があるので重い重〜い?ザックはデポ。

台風による悪天が心配されましたが、無事に全員登頂できましたっ🎶

ガスも抜けてきて薄っすらと遠望も楽しめましたよ〜

滑る岩場の下りは慎重に!

岩場に映える紅葉を見ながら下山しました。

最後に「昇竜ノ滝」で記念撮影をっ📷

 

今回は講師会企画として少人数での催行でしたが、

台風に邪魔されることもなく予定通り楽しく歩けて良かったでしたね‼️

 

登山ガイド 五十嵐 潤

 

 

 

2017年10月トレッキング教室(20171026, 大仏山)

2017年10月トレッキング教室(20171026, 大仏山)

10月のトレッキング教室は、喜多方の大仏山へ出かけました。

なんだか、久しぶりの快晴でしたね♬

登山口には綺麗なトイレ&休憩所がありました。

 

トイレのすぐ先に登山道への分岐があります。

木漏れ陽の心地よい樹林帯を登り始めます。

大仏山はホオノキが沢山!!

足元もホオノキの落ち葉でいっぱいでした〜

ムラサキシキブも可愛い実を付けていましたね

 

しばらく登っていると、

みんなが何かに興味津々⁉️

朽ちたミズナラに天然ナメコがにょきにょき🎶

これでナメコ汁作ったら美味しそうですね!

 

大仏山の山頂周辺は展望が良くて、、、

雪化粧した飯豊連峰✨

反対側には会津磐梯山がバッチリ見えました🌟

快晴無風で暖かな秋晴れの登山日和、

山頂でゆっくりランチタイムを楽しめました〜

 

大仏山のシンボル、「大仏さま」を囲んで記念撮影📷

普段はピークを目指さないトレッキング教室、

たま〜には山頂を楽しむのもアリですね!

 

ときに、

山頂に着いた時の大仏さまは地味だったので、、、

みんなでお化粧直ししてから下山しました〜笑

 

登山ガイド 五十嵐 潤

 

 

受講生募集のお知らせ

受講生募集のお知らせ
《お知らせ》:2019/09/24 更新

FTVカルチャーセンター登山教室では、

2019年度後期(2019年10月から2020年3月まで)6ヶ月コースの受講生を募集いたします。

募集内容は、初級から中級登山向け基礎コースの「登山教室」になります。

教室は、それぞれ「座学」と「実習」で構成され、安全のための知識と技術を講師と共に学んで頂けます。

各講習の日程は、以下をご参照ください。

(座学講習)

登山教室(昼コース)➡各月第2火曜日10:30~12:00 全6回

登山教室(夜コース)➡各月第2火曜日18:30~20:00 全6回

(実技講習)

登山教室(座学共通)➡各月:火曜日・土曜日・宿泊(各コースから選択)全12回

*詳しい内容は2019年後期カリキュラムによる

尚、応募方法や詳しい内容のお問い合わせは、

・FTVカルチャーセンター事務局(☎️024-521-3232)

または、

当サイト「お問い合わせ」

から必要事項をご記入の上、メールにてお願い致します。

以上

2017年8月S・Tコース合同宿泊登山②(20170826~27, 美ヶ原&乗鞍岳)

2017年8月S・Tコース合同宿泊登山②(20170826~27, 美ヶ原&乗鞍岳)

(1日目)2017年8月S・Tコース合同宿泊登山①(20170826~27, 美ヶ原&乗鞍岳)

 

2日目は、北アの乗鞍岳へ。

「日本一高いところにあるバス停」のある、車で行ける3,000 m(弱)ですね。

今回は畳平「銀嶺荘」に宿泊したので、朝一の絶景が楽しめました!

 

日の出を見に早起きした方が楽しんだ景色のおすそ分け〜

恵比須岳と畳平

鶴ヶ池と逆さ槍

八ヶ岳・南ア方面の朝焼け

北ア核心部方面、槍・穂高連峰と焼岳

 

全員での登山は8時前からスタート!

乗鞍岳最高峰の「剣ヶ峰」を目指します。

こんなに最高〜な天気の登山は、何時ぶりでしょうか?

いつもこうだといいですね〜♪

秋の北アを代表するお花「トウヤクリンドウ」

肩の小屋までは高速道路ですね笑

 

割と高所からのスタートなので呼吸は苦しめですが、

まだまだ元気です✨

赤い肩の小屋の向こうには東大の宇宙船観測所が。

乗鞍岳は大正時代頃から、軍事⇨科学⇨観光と利用目的が変遷してきた場所だそうですね。

標高を上げるにつれてガレガレの急登になってきました。

写真の時は笑顔!そのほかはどんな顔?笑

権現池の向こうには白山が見えました。

白山はいつか教室でも行きたい山ですね〜

東北の山ではなかなかお目にかかれない北アルプスならではの景色⭐️

御嶽山も見えてきました。

この数日前に噴火警戒レベルが1に引き下げられたようですが、

登山道オープンにはもうしばらく掛かりそうですね。

 

絶景を楽しんでいるうちに剣ヶ峰(裏)に到着!

お揃いの「百名山手ぬぐい」で記念撮影🎶

山頂は大混雑でしたので、集合記念撮影は山頂直下のコルにて。

登頂おめでとうございま〜す!!

北アをバックにもう一枚😃

今シーズン1番のお天気に恵まれた2日間でしたね🎶

畳平に戻ると、ヒルクライム参加の下山待ちの大行列が〜

帰り道の松本方面へは通行規制と大渋滞が予想されていたので、

岐阜から北陸周りでの帰路に変更しました。

ご参加のみなさま、お疲れ様でした!!

 

登山ガイド 五十嵐 潤

 

 

2017年8月S・Tコース合同宿泊登山①(20170826~27, 美ヶ原&乗鞍岳)

2017年8月S・Tコース合同宿泊登山①(20170826~27, 美ヶ原&乗鞍岳)

8月のS・Tコース合同宿泊登山は、美ヶ原&乗鞍岳に出かけました!

1日目は、美ヶ原高原の王ヶ頭(日本百名山)へ。

美ヶ原は良いお天気♪

参加者の皆さんにとっても久しぶりの青空だったようです〜

 

山頂へと続くトレールに入ると、

ハクサンフウロや、

ウメバチソウがお出迎え。

牧草地ならではのひろ〜い草原の中で記念撮影🌟

毎度おなじみの「イケメンドライバーOさん」も加わっていただきました!

秋風に揺れるマツムシソウを愛でたり、

牛と戯れたり、、

お墓参り、、、じゃなかった、御嶽神社に参拝したりしているうちに、

あっという間に頂上「王ヶ頭」に到着!

「頂上感」は全く無いのですが、歴とした日本百名山のピークですよ笑

いつもは東北の泥山で活躍している長谷川Gは大はしゃぎ?

たま〜には、のんびり系な登山ガイドも体にいいのでしょうか笑

マルバダケブキにとまるアゲハの仲間

本日1番の展望スポット「王ヶ鼻」からも素晴らしい景色が楽しめましたね🎶

数えること42座の日本百名山が見えるそうです。

(今回は30座くらいは見えた?)

遠くに八ヶ岳連峰も顔を出しました!

このままのんびりと景色を楽しみたいのですが、、、

夕方には乗鞍岳エコーラインのゲートが閉まってしまうとのことなので、

後ろ髪を引かれつつも下山で〜す。

 

今回は、ここからが大変でした!

なんと明日は乗鞍岳ヒルクライムという自転車のお祭りがあるよう&工事の影響で、

上高地方面へと続く国道158号は大渋滞!!

ハラハラしましたが、なんとか門限には間に合いましたっ(汗)

到着が遅れたおかげで?

車窓からは夕日に染まる槍・穂高連峰が♬

夕焼けの畳平もナイスでしたね🌟

 

2017年8月S・Tコース合同宿泊登山②に続く

 

登山ガイド 五十嵐 潤