2020年3月 テーマ登山コース(20200331 七ツ森 後編)

2020年3月 テーマ登山コース(20200331 七ツ森 後編)

2019年度、最後の日は前回に引き続き宮城県大和町の七ツ森へ。

 

COVID-19 感染拡大のこんな状況ですので、、、

実習の実施判断は 最新の行政判断をもとに慎重に行っております。

さらに今回の実習は現地集合型で実施しました。

 

さて、前回(2020年3月 テーマ登山コース/ 七ツ森 前編)の残りの4座、

蜂倉山、大倉山。撫倉山、そして、松倉山を縦走しました!

今回は、文句なしの快晴🌞

七ツ森の山容も綺麗に見えていますね。

鎌倉山の登山口脇から、蜂倉山へ向けてスタート

 

前回から10日ほど、お花は確実に見頃を迎えていましたよ〜

ツルアリドオシ

通称「ジジババ」こと、シュンラン

カタクリも満開!

見事に花弁がそり返ってますね〜

アズマイチゲ(白)

キクザキイチゲ(青紫)

「春の妖精」が勢揃いですね!

 

そして、遂に、

ニリンソウも咲きました⭐️

例年より一週間以上、開花が早いです〜

 

アプローチでたくさんの春のお花を楽しんでから、蜂倉山の登りへ。

蜂倉山の北斜面は岩と根っこの急登でちょいと大変ですが、、、

イワウチワの群落がとても綺麗なんですよね〜

ちょいちょい足を止めてイワウチワを愛でながら

(必死に呼吸を整えながら笑)

本日1座目の「蜂倉山」登頂で〜す。

見た目以上にハードなのが 七ツ森の特徴なのです、、、

 

登りが急ならば、当然、下りも急ですね。

しかも足元が「ザレザレ」でとってもスリッピー!

ここは設置された綱を有難く使わせていただきます。

そんな急坂でも余裕が出てくるとお花にも気づけるように♩

タチツボスミレや、

エイザンスミレなど、スミレの仲間もたくさん咲いていましたね。

ヤマネコノメソウもちょっと地味ですが、

カワイイ春のお花の仲間です🎶

ちなみに、ネコノメソウとは、対生(ネコ)/互生(ヤマ)の違いで区別できますよ。

 

春の快晴、陽気に誘われて、

ホントにたくさんの花が顔を出してきましたね。

大倉山へ向かう途中には、

ヒトリシズカ

私には、今シーズンの初物でした。

花ではないですが、ヤブレガサも出ていました。

 

大倉山と撫倉山のコルで休憩をとった後、

大倉山へはピストン登山で。

相変わらずの急登をパスして、

2座目の「大倉山」登頂!

山頂付近にもイワウチワの群落があって、素晴らしい山でした。

 

一度、コルまで戻って、

さぁ、ここからが今日の本番です!!

(ここまでも十分、急でしたけど、、、)

撫倉山の急登!

交錯するフィックスロープを跨いで潜って、まぁ大変💦

ちょっとしたハシゴも出てきます。

それでも、ベテランはもちろん、

今年度から登山を始めた方々の成長には目を見張るものがありますね!

昨春と比べると、ご自身でも信じられないくらいの「登山力」が付いていますよ〜

「継続は力なり」とは、ホントですね💪

本日一番のピークにたどり着いて笑顔がこぼれましたね。

3座目の「撫倉山」に登頂!

(ここだけ集合写真を撮り忘れたという、、、スイマセン)

 

残りの1座も無事に登頂!

4座目、「松倉山」

前回に引き続き参加した方は、七薬師掛けの達成、おめでとうございます🎊

2回に分けてもきっと、1年間の無病息災ご利益がありますよ〜

 

最後に、悪名高き松倉山からの真っ直ぐな下りをなんとか下って、

しみじみと、来た道を振り替える図。

いやぁ、やはり頑張った分だけ 達成感がありますよね〜

台風で崩れた沢をパスして無事に終了♬

 

春の妖精と急登を楽しめた素晴らしい一日でしたね。

 

ご参加の皆様、お疲れ様でした!

 

(集合写真はこちら →  蜂倉山大倉山撫倉山松倉山

 

登山ガイド 五十嵐 潤

2020年3月 ピーク登山コース(20200322 七ツ森 前編)

2020年3月 ピーク登山コース(20200322 七ツ森 前編)

ピーク登山コース、2019年度のラストは宮城県大和町の七ツ森!

伝説の巨人デイタラボッチが作ったと伝わる、

「日本昔ばなし」に出てくるような山容の里山群を登りに出かけました。

 

7座(+おまけ)の七ツ森。

今回は、おまけの「たんがら森」、「遂倉山(とがくらやま)」、

「鎌倉山」、そして最高峰の「笹倉山」の4座にチャレンジ。

雨上がりの七ツ森/たんがら森の登山口。

予報よりは良いのでまずまずの出発です。

 

山に入ると、早速、春のお花の代表格、カタクリがお出迎えー

今シーズンのお花は早いとは言え、まだ見事に蕾ですね。

見頃は来週でしょうか。

エンレイソウや、

ニリンソウも、もうちょっと!

次の晴れで一気に花開くことでしょう♩

コバイケイソウの芽も瑞々しくて可愛いですよね〜

 

ポコポコした見た目の通り、急登が名物の七ツ森

「おまけ」のたんがら森も、いきなり例外なくの急登!

230 mという低標高を感じさせない手強い山ですね。

まずは「小手調べ」の山頂で記念撮影〜

 

一度、たんがら森の登り口まで下りてから次の遂倉山への登りへ

すんごい急登ですwww

おまけに雨上がりで足元の粘土が滑る滑る!

必死に登ること30分ほど、

本日2座目の「遂倉山(とがくらやま)」に登頂!

今日イチの登りでしたね、、、

 

また一度山を下りてから、お次は鎌倉山へ。

江戸時代に「南無妙法蓮華経」が彫られた大岩を見ながら急登を登ります。

尾根に真っ直ぐつけられた急な登山道を登りきって、

3座目の鎌倉山に登頂!

眼下には七ツ森湖が、反対側には先ほど登った2つの山を眺められました。

ここで、Hさんが薬師如来さまに奮発したお賽銭をしてくださったせいか、

天気は回復傾向に!

青空が出始めた尾根を下山し始めると、

乾いてきた地面に立派なシュンランを見つけましたよ♬

春の里山を代表するお花ですね。

七ツ森湖のダムに下山して、午前の部は終了〜

 

 

バスに戻ってランチをとった後、午後の部スタート!

午後は七ツ森の最高峰、笹倉山を登ります!

 

登山道脇の林床には葵の葉っぱが2枚、

今シーズン初のウスバサイシンも咲いていました👀

地味な花ですが、ギフチョウの食草として有名なコですよ。

 

そして、今回のお目当の一つ、華やかな花も!

こちらも春のお花の代名詞の「イワウチワ」

いつもより開花具合が1週間以上も早い感じですね〜

「春の妖精」に相応しい美しい花ですね✨

 

復元(!?)された「亀の子岩」なども見ながらジグザグを登り切って、、、

本日4座目、七ツ森の最高峰「笹倉山」に登頂!

お昼休みを挟んだせいもあってか、なかなか大変でしたね笑

 

下りはよく整備されたジグザグの登山道を下りていきます。

 

下山道脇には、

セリバオウレンがたくさん咲いていました!!

こちらも「春の妖精」のお仲間、純白で清楚なお花ですね〜

 

よ〜くよく探してみると、、、

形の違う「雌花」もたくさん咲いていましたね👀

 

七ツ森の急登と春のお花を楽しめた1日でしたね🎶

ご参加の皆様、お疲れ様でした!

 

(集合写真はこちら→  たんがら森遂倉山鎌倉山笹倉山

 

登山ガイド 五十嵐 潤

 

2020年2月 ピーク登山コース(20200215 石投山)

2020年2月 ピーク登山コース(20200215 石投山)

2020年2月のピーク登山コースは、宮城県女川の石投山へ。

週間予報で雨予報も、当日は快晴!

今回は波板海岸から女川最高峰の石投山まで Sea to Summitです。

 

登山口となる波板海岸には、

震災遺構「第二勝丸」が展示されているので、まずは見学。

この小さな漁船がハワイまで流されて帰って来たそうですね。

今の波板海岸は穏やかそのもの〜

プカプカ浮かぶカモメに見送られて登山スタートです。

 

登り始めはサザンカの緑のトンネルを。

 

少し登ると稜線に出て、視界が良くなりました。

皆伐帯にはシカよけネットがバッチリと。

そういえば、波板海岸の砂浜にも、

たくさんのシカの足跡が残っていましたね。

石巻〜雄勝あたりはシカが増え続けている様です。

冬でもそれなりに暖かいので過ごしやすいのでしょう。

 

今回のコースは、

環境省の「みちのく潮風トレイル」にも指定されていて、

歩きやすい尾根道が続く気持ちの良いトレイルです。

 

尾根にはアカマツも多いので、リスの食痕がたくさん!

「森のエビフライ」で有名ですよね♬

 

こんなテングス病の茂みもたくさんあって、

小動物には絶好の隠れ家ですね。

イッカクの牙のようなネジネジの木も見つけました👀

なんでこうなったのか、みんなで想像を膨らませました〜

 

休憩中、何やら木に群がる人たち笑

枝からは柑橘系の爽やかな香りがしますね!

この木の正体は、クロモジ。

半袖で歩けるほど暖かいので、冬芽は今にも芽吹きそう!

 

石投山への最後の登りは、急登💦

里山と言えど 女川「最高峰」とあって、

簡単には登らせてはもらえませんね〜

 

苦労した達成感とともに石投山に登頂〜🎊

(集合写真はこちら → 集合写真1集合写真2

 

山頂から眺める太平洋

海沿いの山ならではの景色が楽しめました✨

 

下山は女川の街へ。

下山口から山を振り返ると、

石投山の綺麗な山容を見ることができました🏔

 

2月とは思えない様な陽だまりハイク、お疲れ様でした!

 

登山ガイド 五十嵐 潤

2020年2月 テーマ登山コース(20200211 愛宕山〜猪倉山〜千貫山)

2020年2月 テーマ登山コース(20200211 愛宕山〜猪倉山〜千貫山)

2020年2月のテーマ登山コースは、宮城県岩沼の愛宕山〜猪倉山〜千貫山の縦走へ。

 

記録的暖冬・少雪の今シーズン、

当初予定していたスノーシューコースから里山縦走コースへと急遽変更しました。

 

ところが、実習当日に今季一番の寒波到来!

登山口のある集落内のアスファルトにも霧氷がつくほど気温の低い朝になりました。

テッカテカの舗装路から登山スタート!

うっすらと積もった雪には、動物の足跡が残っていました。

ウサギ

ネコ

ちなみにこの後、この足跡の主ニャン(黒猫)に会えました笑

最北限の柚子「雨乞のユズ」も、

しっかりと雪が被ってました❄️

 

雨乞のイチョウを横目に雪の積もった車道を進み、

本日一座目の愛宕山に到着⛩

蔵王方面の眺望がとても良い里山です。

愛宕山から先は登山道を進みます。

森の中も結構積雪してましたね。

 

笹に被った雪で藪漕ぎや急登が大変だったりしましたが、

2座目の猪倉山へ登頂✨

朝の雪も力強い陽射しですっかり溶けてきちゃいました。

陽だまりの山頂で早めのランチタイムを楽しみました🍙

 

エネルギーチャージ後に後半戦スタート!

昨年の台風19号の爪痕が所々に残っていて、

難易度高めの登山道を進みました。

途中、ヤママユガの繭や、

ウスタビガの繭を見つけながらの縦走です。

 

今回は、12 km 以上のちょっと長めの距離を歩きましたが、

ベテランは流石に余裕、

今年度登山を始めた方も確実に登山力がついて来ていて見違えるくらいですね!

やはり、継続は力なり💪

 

そんな感じで元気よく無事に最後のピーク、

千貫山に登頂!

(集合写真はこちら → 集合写真1集合写真2

 

航行目標保安林に指定されているこの山脈は、

船乗りにとっては「値千金」というのが名前の由来だとか。

確かに山頂からは阿武隈川河口と太平洋がよく見渡せます。

 

下山途中、

千貫山神社奥宮にもお参り🙏して。

 

午後になると朝の雪国の景色がウソみたいに一変!

雪は何処へ、真冬とは思えない明るい世界です。

ダンコウバイや、

オオイヌノフグリも生き生きと咲き誇っていました。

2月中旬、、、春ですね〜〜〜!!笑

 

ご参加の皆さま、お疲れ様でした!

 

登山ガイド 五十嵐 潤