2020年6月 ピーク登山コース(20200627 厩岳山〜猫魔ヶ岳 縦走)

休講開け第二弾、ピーク登山コースは、

表磐梯エリアの厩岳山(ウマヤサン)〜猫魔ヶ岳〜八方台の縦走コースへ。

古から伝わる磐梯吾妻修験の道の一部を辿ります。

 

裏磐梯と表磐梯を結ぶゴールドライン、

その終点にある榮川酒造近くの林道から登山スタート

祓川沿いの林道を45分ほど進むと、登山道に変わります。

 

厩岳山の登りは綺麗なブナ林のジグザグ。

青々としたブナの葉を擦り抜けた初夏の光がとても美しい登山道でした。

この登山道は登拝道でもあるため、信仰の名残がたくさん残っていて、

その中でも良く目に付くのが看板付きの三十三観音像。

法華経の説く仏の化身三十三身に基づくと言われ、日本では千年以上の歴史があるそう。

どの像にも良い感じに歴史の重みのような渋い苔がついていました。。。

ヤマナメクジちゃんも大きく育ってきましたよっ👀

 

コケイランも御立派!

別名で笹海老根とも言うそう。

森で見つけると、ちょっとだけ嬉しくなるお花の一つですよね〜。

ちなみに花言葉は「移り気」ですって。

 

三十三観音を指折り数えながらテンポよく登ると、

意外とあっという間に厩岳山神社へ到着。

標高差の割には登り易い登山道でしたね。

ものすご〜く、、、傾いています。

どうやら、この1〜2年で傾いちゃったらしいですね、、、

次回来た時には残ってないかも?

 

厩岳山神社 ≠ 山頂。

山頂までは、結構 しっかりとした急登です💧

浮石も多いので、落石に注意しながら慎重に登ります。

縦走の最初のピーク、厩岳山 山頂に到着❗️

集合写真1

ピーク登山コースも、今回が自粛明け初登山!の方も多かったので、

久しぶりの達成感ですね〜💪

 

厩岳山から先はなだらかな広い尾根の森歩きです。

今日は金沢峠方面への分岐を猫石方面へ。

今月の座学で紹介したギンリョウソウ も ちょうど見頃✨

半透明で美しく、漢名の「水晶蘭」と言う表現がピッタリ🎯ですね〜

ほぼ、貸切りの猫石で山のランチタイム🍙

集合写真2

 

猫石から雄国沼を眺めると、、、

西岸のニッコウキスゲの群落の黄色が、ここからでもよく分かりました!

ちょうど今頃が見頃のようですね〜

 

見頃といえば、

ハクサンシャクナゲも満開でした♫

 

素晴らしい景色とお花を楽しみながらちょっとだけ登ると、

今回の最後のピーク、猫魔ヶ岳に到着です!

集合写真3

山頂からは雲がかかって見えなかった磐梯山が、、

下山開始直後、最後の最後に顔を出してくれました⛰

とってもラッキ〜!!

 

下山は八方台までの1.5 kmほど、

大きなブナの木や、

小さな森の妖精たちに会いながら。

 

自粛開けの身体には ちょっと手応えのある縦走だったかもですが、

無事に八方台に到着!

土曜日だったこともあって、駐車場は満車でした、、、

百名山(=磐梯山)には登山者も結構戻って来ているみたいですね〜

 

久しぶりの登山だった方は、こちらも久しぶりの翌日の筋肉痛も楽しめちゃったかもですね?

ご参加の皆様、お疲れ様でした!

 

登山ガイド 五十嵐 潤

 

2020年6月 テーマ登山コース(20200623 小前ヶ岳)

FTVカルチャーセンター 登山教室は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で二ヶ月にわたり休講しておりましたが、

国の緊急事態宣言の解除と県外への移動自粛要請解除などを受け、6月より登山教室を再開いたしました。

座学では「新しい生活様式」に合わせた感染対策を実施し、

登山実習では、日本山岳ガイド協会の提唱する登山中の感染防止ガイドラインに沿った対策を講じることによって感染防止に努めてまいります。

また、当面は福島県内の山岳をメインとした実習の予定に組み替えております。

 

さて、登山教室再開の初回は、

安達太良山系の最古の火山と言われる前ヶ岳(小前ヶ岳)へ。

今回が久しぶりの登山という方が多く、リハビリ登山です!

有名な登山ルートでもないので、「3蜜」とは無縁な実習です。

 

真面目に自粛生活を送っていた方々には、約二ヶ月ぶりの登山、

頭の中は「春の妖精」で止まっていますが、季節は確実に進んでいますね。

バイケイソウが満開!

ヤマホタルブクロも見頃でした。

曇天で鳴き声はあまりありませんでしたが、、、

エゾハルゼミにもたくさん会えましたよ。

 

登り始めは、リハビリにはありがたい?林道歩き1時間。

今シーズンは特に人が入っていないせいか、

ところどころ藪化し始めているところも。

そこら中に サンショウの木が多く、トゲトゲを避けて歩くのが大変でしたが、、、

珍しく、たくさんの実を付けている株が多かったですね!

枝先をかすめて通過するたびに、爽やかな香りが漂います✨

 

実といえば、

モミジイチゴや、

キブシの実もなっていて、やはりもう直ぐ7月なんだなぁと実感しました。

 

林道の終点まで登ると、一気に登山道らしくなります。

林床がササで覆われた樹林帯を、熊避けしながら登ります。

今シーズンは、ホントに熊に遭遇する確率が高そうですよね💦

 

いつもよりもゆっくり、小休憩を取りながら標高を稼いでいくと、

開けた尾根に出ました。

山の上部も「やませ」の影響で層雲に覆われています。

 

灌木も少なくなってくると、山頂はもうすぐ。

足元の浮石(結構デカイ岩もグラグラ動くものだらけ!)と、

霧雨の中、健気に咲くマルバシモツケに注意しつつ、最後のひと登りです!

今期の登山教室、初の登頂ですね!

(集合写真はこちら→ 集合写真1

 

山頂はガスっては いましたが、

久しぶりの山頂ランチをのんびり楽しみました🍙

もちろん山でも全員、食事前のアルコール消毒はバッチリと、、、

登山版の「新しい生活様式」ですね。

下山中には、今季初お目見えのミネウスユキソウにも会えましたよ!

 

ご参加の皆様、

まだまだ慣れない「withコロナ登山」、お疲れ様でした!

 

登山ガイド 五十嵐 潤

2020年3月 テーマ登山コース(20200331 七ツ森 後編)

2020年3月 テーマ登山コース(20200331 七ツ森 後編)

2019年度、最後の日は前回に引き続き宮城県大和町の七ツ森へ。

 

COVID-19 感染拡大のこんな状況ですので、、、

実習の実施判断は 最新の行政判断をもとに慎重に行っております。

さらに今回の実習は現地集合型で実施しました。

 

さて、前回(2020年3月 テーマ登山コース/ 七ツ森 前編)の残りの4座、

蜂倉山、大倉山。撫倉山、そして、松倉山を縦走しました!

今回は、文句なしの快晴🌞

七ツ森の山容も綺麗に見えていますね。

鎌倉山の登山口脇から、蜂倉山へ向けてスタート

 

前回から10日ほど、お花は確実に見頃を迎えていましたよ〜

ツルアリドオシ

通称「ジジババ」こと、シュンラン

カタクリも満開!

見事に花弁がそり返ってますね〜

アズマイチゲ(白)

キクザキイチゲ(青紫)

「春の妖精」が勢揃いですね!

 

そして、遂に、

ニリンソウも咲きました⭐️

例年より一週間以上、開花が早いです〜

 

アプローチでたくさんの春のお花を楽しんでから、蜂倉山の登りへ。

蜂倉山の北斜面は岩と根っこの急登でちょいと大変ですが、、、

イワウチワの群落がとても綺麗なんですよね〜

ちょいちょい足を止めてイワウチワを愛でながら

(必死に呼吸を整えながら笑)

本日1座目の「蜂倉山」登頂で〜す。

見た目以上にハードなのが 七ツ森の特徴なのです、、、

 

登りが急ならば、当然、下りも急ですね。

しかも足元が「ザレザレ」でとってもスリッピー!

ここは設置された綱を有難く使わせていただきます。

そんな急坂でも余裕が出てくるとお花にも気づけるように♩

タチツボスミレや、

エイザンスミレなど、スミレの仲間もたくさん咲いていましたね。

ヤマネコノメソウもちょっと地味ですが、

カワイイ春のお花の仲間です🎶

ちなみに、ネコノメソウとは、対生(ネコ)/互生(ヤマ)の違いで区別できますよ。

 

春の快晴、陽気に誘われて、

ホントにたくさんの花が顔を出してきましたね。

大倉山へ向かう途中には、

ヒトリシズカ

私には、今シーズンの初物でした。

花ではないですが、ヤブレガサも出ていました。

 

大倉山と撫倉山のコルで休憩をとった後、

大倉山へはピストン登山で。

相変わらずの急登をパスして、

2座目の「大倉山」登頂!

山頂付近にもイワウチワの群落があって、素晴らしい山でした。

 

一度、コルまで戻って、

さぁ、ここからが今日の本番です!!

(ここまでも十分、急でしたけど、、、)

撫倉山の急登!

交錯するフィックスロープを跨いで潜って、まぁ大変💦

ちょっとしたハシゴも出てきます。

それでも、ベテランはもちろん、

今年度から登山を始めた方々の成長には目を見張るものがありますね!

昨春と比べると、ご自身でも信じられないくらいの「登山力」が付いていますよ〜

「継続は力なり」とは、ホントですね💪

本日一番のピークにたどり着いて笑顔がこぼれましたね。

3座目の「撫倉山」に登頂!

(ここだけ集合写真を撮り忘れたという、、、スイマセン)

 

残りの1座も無事に登頂!

4座目、「松倉山」

前回に引き続き参加した方は、七薬師掛けの達成、おめでとうございます🎊

2回に分けてもきっと、1年間の無病息災ご利益がありますよ〜

 

最後に、悪名高き松倉山からの真っ直ぐな下りをなんとか下って、

しみじみと、来た道を振り替える図。

いやぁ、やはり頑張った分だけ 達成感がありますよね〜

台風で崩れた沢をパスして無事に終了♬

 

春の妖精と急登を楽しめた素晴らしい一日でしたね。

 

ご参加の皆様、お疲れ様でした!

 

(集合写真はこちら →  蜂倉山大倉山撫倉山松倉山

 

登山ガイド 五十嵐 潤

2020年3月 ピーク登山コース(20200322 七ツ森 前編)

2020年3月 ピーク登山コース(20200322 七ツ森 前編)

ピーク登山コース、2019年度のラストは宮城県大和町の七ツ森!

伝説の巨人デイタラボッチが作ったと伝わる、

「日本昔ばなし」に出てくるような山容の里山群を登りに出かけました。

 

7座(+おまけ)の七ツ森。

今回は、おまけの「たんがら森」、「遂倉山(とがくらやま)」、

「鎌倉山」、そして最高峰の「笹倉山」の4座にチャレンジ。

雨上がりの七ツ森/たんがら森の登山口。

予報よりは良いのでまずまずの出発です。

 

山に入ると、早速、春のお花の代表格、カタクリがお出迎えー

今シーズンのお花は早いとは言え、まだ見事に蕾ですね。

見頃は来週でしょうか。

エンレイソウや、

ニリンソウも、もうちょっと!

次の晴れで一気に花開くことでしょう♩

コバイケイソウの芽も瑞々しくて可愛いですよね〜

 

ポコポコした見た目の通り、急登が名物の七ツ森

「おまけ」のたんがら森も、いきなり例外なくの急登!

230 mという低標高を感じさせない手強い山ですね。

まずは「小手調べ」の山頂で記念撮影〜

 

一度、たんがら森の登り口まで下りてから次の遂倉山への登りへ

すんごい急登ですwww

おまけに雨上がりで足元の粘土が滑る滑る!

必死に登ること30分ほど、

本日2座目の「遂倉山(とがくらやま)」に登頂!

今日イチの登りでしたね、、、

 

また一度山を下りてから、お次は鎌倉山へ。

江戸時代に「南無妙法蓮華経」が彫られた大岩を見ながら急登を登ります。

尾根に真っ直ぐつけられた急な登山道を登りきって、

3座目の鎌倉山に登頂!

眼下には七ツ森湖が、反対側には先ほど登った2つの山を眺められました。

ここで、Hさんが薬師如来さまに奮発したお賽銭をしてくださったせいか、

天気は回復傾向に!

青空が出始めた尾根を下山し始めると、

乾いてきた地面に立派なシュンランを見つけましたよ♬

春の里山を代表するお花ですね。

七ツ森湖のダムに下山して、午前の部は終了〜

 

 

バスに戻ってランチをとった後、午後の部スタート!

午後は七ツ森の最高峰、笹倉山を登ります!

 

登山道脇の林床には葵の葉っぱが2枚、

今シーズン初のウスバサイシンも咲いていました👀

地味な花ですが、ギフチョウの食草として有名なコですよ。

 

そして、今回のお目当の一つ、華やかな花も!

こちらも春のお花の代名詞の「イワウチワ」

いつもより開花具合が1週間以上も早い感じですね〜

「春の妖精」に相応しい美しい花ですね✨

 

復元(!?)された「亀の子岩」なども見ながらジグザグを登り切って、、、

本日4座目、七ツ森の最高峰「笹倉山」に登頂!

お昼休みを挟んだせいもあってか、なかなか大変でしたね笑

 

下りはよく整備されたジグザグの登山道を下りていきます。

 

下山道脇には、

セリバオウレンがたくさん咲いていました!!

こちらも「春の妖精」のお仲間、純白で清楚なお花ですね〜

 

よ〜くよく探してみると、、、

形の違う「雌花」もたくさん咲いていましたね👀

 

七ツ森の急登と春のお花を楽しめた1日でしたね🎶

ご参加の皆様、お疲れ様でした!

 

(集合写真はこちら→  たんがら森遂倉山鎌倉山笹倉山

 

登山ガイド 五十嵐 潤