2019年11月ピーク登山コース(20191116 屹兎屋山・猫鳴山 縦走)

福島県の山も初冠雪の便りが続々と届いた11月の中旬、

ピーク登山コースは雪とは無縁の浜通りエリア/屹兎屋山・猫鳴山 縦走へ。

この山域は電波塔などの人工物が多いので、道も非常に整備されすぎていますw

歩きやすい登山道兼作業道をゾロゾロ歩き始めますが、

歩き始めてすぐに、、、

本日の最高峰、屹兎屋山(きっとやさん)に到着〜

みなさん、全く疲労の色のない素敵な笑顔でございます♬

 

難読名山の屹兎屋山。

由来は諸説ありますが、大猪を矢で仕留め損なった猟師が後を追っていき、

「きっとや、この辺に逃げたはず!」とこの山頂で仕留めたという話も。

ちなみに仕留めに使った2本の矢は二ッ箭山に奉納され、こちらも名前の由来になったとも。

 

さて、いきなり山頂は踏みましたが、今日はここがスタートライン。

明るく気持ちが良いコナラの森をのんびり歩いていきます。

途中、何人も工事関係者とすれ違いましたが、

この稜線は風力発電所開発の計画が進んでいるようです。

完成後も山歩きが制限されることなくできれば良いのですが。

11月中旬にも関わらず、紅葉は綺麗でした!

やはり浜通りは、中通りや会津とは気候が違いますね〜

そして、今回もありつけた「緑の宝石」✨

いつもありがとうございます!

 

猫鳴山へと続く尾根道は快適そのもの🍂

落ち葉でふかふかの登山道が、

延々と続きます。

みなさんの大好物ですね笑

 

猫鳴山に到着!!

「にゃーーー!!!」のポーズで記念撮影📸

 

後半戦も素敵なトレイルが続きま〜す

アセビのトンネルや、

グラデーションがかかったツツジの紅葉

道端に落ちていた ホコリタケの断面ショーも面白いですね。

 

二ッ箭山への登り返しは、

少々骨の折れる箇所もありましたが、

無事に二ッ箭山に登頂です!

(集合写真はこちら→ 集合写真1, 集合写真2, 集合写真3

 

 

下りは月山経由で桐ケ岡へ。

可愛らしい月山神社と、

二ッ箭山のシンボル「男体山」と「女体山」

ご参加の皆さま、お疲れ様でした!!

 

登山ガイド 五十嵐 潤

コメントを残す