2017年7月S・Tコース合同宿泊登山(20170729~30, 焼岳)

7月のS・Tコース合同宿泊登山は、北アルプスの焼岳に登りました。

焼岳は深田久弥の日本百名山であり、北アルプス唯一の活火山。

活火山ならではの荒々しい景色と北アの山並みが楽しめる名山です。

 

初日は上高地に入って梓川周辺の散策。

上高地と言えば、やっぱりここ!

河童橋で記念撮影です♪

ウェストン碑でもパシャり〜

梓川でプチ水切り大会?

丸っこい石ではなかなか難しかったですね〜

そして、今晩のお宿は「アルプス山荘」

とても綺麗な山荘(旅館)で、スタッフも良い人の素敵なお宿でした。

 

翌朝は4時半スタートで焼岳へ!

雨具を着ての急登はとても辛かったですね〜、、、

最大の難所の垂直梯子は、ヒヤヒヤしながらも無事通過っ

焼岳小屋につくと、ようやくホッと一息つけましたね。

 

小屋から先は中尾峠を越えて尾根上のルートを登りますが、、、

なかなかのガスガス!!

西穂高岳や笠ヶ岳はご不在でした〜

遠望が効かなくても、足元は賑やか?

そこら中、イワオトギリが満開でしたよっ🎶

 

ザレザレの急登を1時間頑張ると最後の岩場に。

ちょっとした岩登りをこなすと、

焼岳山頂(焼岳北峰)に到着です🌟

眺望はなかったですが、熱を帯びた岩や噴気の匂いから荒々しい火山を感じ取れましたね?

ちょっとだけ姿を見せてくれた山頂部。

ちょっとだけ姿を見せてくれた山頂の火口湖。

標高を下げるにつれて、

だんだん暑くなっていく下山道を中ノ湯まで頑張って無事終了〜

 

参加の皆様、お疲れ様でした!!

 

登山ガイド 五十嵐 潤

 

One thought on “2017年7月S・Tコース合同宿泊登山(20170729~30, 焼岳)

  • 8月 1, 2017 at 1:21 am
    Permalink

     今回の焼岳縦走登山は、上高地からの標高差約1000mに加え、ハシゴ場や岩場の通過など体力的にも技術的にも登山者の総合力が試される ルートでした。更にスタートから降り出した雨が難易度を高め、メンタル的にも厳しかったと思います。自分や仲間を信じて歩き切った皆さん、本当にお疲れ様でした。
     五十嵐潤さん、理沙さん、サポートありがとうございました。(感謝)

     村上洋

コメントを残す